一人暮らしの賃貸契約書のチェックポイント




一人暮らし部屋の賃貸契約書のチェックポイント

賃貸契約は、不動産会社の宅地建物取引主任者が、物件と契約の内容について説明した上で行います。
契約内容を納得するまで確認し、疑問点や不明点をとことんクリアにしたところで、契約書に署名・捺印しましょう。
下に賃貸契約書のチェックポイントをまとめていますので参考にしてください。

賃貸契約書のチェックポイント

① 家賃の支払い日と遅延について

家賃の支払日はいつか、遅れたときにどんなペナルティがあるか、また遅れそうな場合の連絡先を確認します。
「遅延損害金」などの項目に書いてあるはずです。

② 退去予告時

いつまでに、誰に、どういう手段で退去連絡するかを確認します。
一ヶ月前までに、書面で不動産会社へ連絡するのが一般的です。

③ 敷金返還の取り決め

原状回復の基準を確認します。
基準が明記されていない場合は、なんらかの目安を聞いておきます。
これがあいまいだと、退去後、リフォーム代を全額請求されるケースもあります。

④ 禁止事項

よくある禁止事項はペット不可やピアノ不可です。
ひとりで住むはずが、同棲を始めたという場合は契約違反になることもあります。

⑤ 特約事項

「明け渡し要求の際は、即刻退去のこと」など、不利な内容がないかチェックします。

⑥ その他に下記の重要事項を再確認

  • 物件の名称、所在地、部屋の号数
  • 家賃、共益費、敷金(保証金)・礼金の金額
  • 契約の締結日、引渡し時期
  • 契約期間の設定はどうなっているか?
  • 契約更新に関する事項
  • 家賃の変更
  • 故障・破損の修理義務
  • 管理委託先の連絡先



◆ あわせて読みたいおすすめのページ【 一人暮らし情報サイト

▶ 一人暮らしに必要なもの・必需品
▶ 一人暮らし準備 引越しまでの流れ
▶ 一人暮らしの初期費用
▶ 一人暮らしの引越し時の手続き
▶ 一人暮らしにおすすめの冷蔵庫
▶ 一人暮らしにおすすめのベッド
▶ 一人暮らしにおすすめの洗濯機
▶ 一人暮らし部屋のレイアウト・配置
▶ 一人暮らし部屋の収納の工夫
▶ 学生の一人暮らしで注意する点

一人暮らしの部屋探し